設備 & 業務案内

▶ 不良傾向を測定しながらおこなう「引っ張り強度試験」
▶ 不良傾向を測定しながらおこなう「引っ張り強度試験」

内積量を計り、最適な重量負担を確定し、静止荷重検査を行います。

先ずは1~2個の商品でテスト試験を行い、そのロットの傾向不良を算定。その後の検査の進行計画は、お客様のご意向を伺いながら進めていきます。

商品の強度は、商品のブランドイメージを維持し、クレームを発生させない為の重要な検査です。 I-packはここでも妥協のない検査を心掛けています。

 

※ 引っ張り強度試験は、青島工場菜州出張所のみの業務となります。

※ 引っ張り強度試験は、別途料金となります。

設備・業務の詳細は、各ページでご覧になれます

▶ 生産効率や品質が安定する「検品」
▶ 金属の異物を見逃さない「X線検針」
▶ 微量な鉄粉まで検知する「ローラー検針」
▶ ロットに合わせて使い分ける効率的な「梱包」
▶ 不良品を減らす、熟練工の「手直し」サービス
▶ 何重ものチェックでミスを防ぐ「タグ管理」
▶ 出荷の積み込み作業費や「倉庫の保管料はサービス」です
カバン・バックの総合サービス会社株式会社I-packへのお問い合わせ