設備 & 業務案内

▶ ロットに合わせて使い分ける効率的な「梱包」
▶ ロットに合わせて使い分ける効率的な「梱包」

I-packでは、クリアケースや、タグ付け、あんこ入れ作業などの梱包も対応しています。

 

I-packの梱包は、3つのタイプのセル方式(屋台方式)を採用しており小ロット、中ロット、大ロットそれぞれに対応し、使い分けています。

3タイプのセル方式梱包の特長

セル方式(屋台方式)での単独梱包方法

  小ロットで、多品種の場合に最適な梱包方法です。

 

セル方式(屋台方式)でのライン梱包方法

  大ロットで、小品種の場合に最適な梱包方法です。梱包後、直接ローラー検針を行うことができます。

 

セル方式(屋台方式)での複数梱包方法

  中ロットで、小品種の場合に最適な梱包方法です。

設備・業務の詳細は、各ページでご覧になれます

▶ 生産効率や品質が安定する「検品」
▶ 金属の異物を見逃さない「X線検針」
▶ 微量な鉄粉まで検知する「ローラー検針」
▶ 不良品を減らす、熟練工の「手直し」サービス
▶ 何重ものチェックでミスを防ぐ「タグ管理」
▶ 不良傾向を測定しながらおこなう「引っ張り強度試験」
▶ 出荷の積み込み作業費や「倉庫の保管料はサービス」です
カバン・バックの総合サービス会社株式会社I-packへのお問い合わせ