2014年

7月

09日

ブラジルでワールドカップサッカーとカバンを視察

私の人生の中で、長期間に渡って熱中し続けた事が二つあります。

一つは勿論、カバンに関するビジネス。

もう一つは、幼少からずっと続けているサッカーです。

 

高校・大学時代のポジションはキーパーでしたが、

戦略思考やチームワークなど、サッカーから学んだことは

少なくありません。

 

この度、お世話になっている商社の方の計らいで

ブラジルで行われているワールドカップを現地で観戦しました。

 

現地到着直後に食事をとったサンパウロのカフェテリアでは

ブラジルセレソンとカメルーンの試合をテレビ観戦。

お店のスタッフ全員、仕事そっちのけで開店休業状態(苦笑)

他店はほとんど店を閉めていました。

つくづく、サッカー中心の国だと実感です。

 

リオデジャネイロでは、ジーコのいたフラメンゴの

クラブハウスを視察。

82年のジーコモデルのユニフォームを購入。

家宝にします。

 

スタジアムでは、日本代表のコロンビア戦を観戦。

残念ながら日本代表は負けましたが、コロンビアの方が

スピード、フィジカル、戦術、個人技、決定力、

全てに優れていたと感じました。

 

日本は前半に得点を入れられ無かった事は敗因の一つですが、

コロンビアの守備も良かった。

サポーターの数や応援の派手さも日本側は劣勢で

試合中はアウェイ感がずっと漂っていました。

 

サッカー日本代表は、まだまだ世界で結果を残すには、

もう少し時間がかかると感じた試合内容でした。

 

ただ、スタジアムの内外では、互いの国の代表ユニフォーム姿で

写真を取り合い、気軽な国際コミュニケーションが活発です。

世界中の人を、サッカーという共通項で一つにできる力・・・

これがスポーツの醍醐味ですね。

 

折角のブラジル訪問の機会ですので、カバンも色々と

物色し、現地のカバン事情も視察しました。

 

ブラジルブランドのでエコバックを買いましたが

品質が悪く、使いにくい・・・

 

改めて、ジャパンクオリティーのカバンの品質の高さを

実感する機会となりました。

 

 

 

 

カバン・バックの製造、検品、販売の専門家集団
株式会社アイパック
代表取締役 藤川和也