2015年

4月

23日

中国とベトナムのアパレル業界の動向

最近、お客様からのお問い合わせやご相談として多いのが



「今使っている中国の製造工場に満足出来ない」


「信頼性や人件費含め、中国内の委託工場を変えたい」


「中国の生産体制を改善しつつ、ベトナム移転を模索したい」


「本格的にベトナム中心に拠点を構えたい」



この様に、中国に軸足を残しながら、ベトナムにアンテナを張る方や、

ベトナムへの完全移転を決意されたお客様が増えて来ています。



私自身も、最近は中国の本社よりも、

ベトナムにいる時間が増えて来ているのですが、

ベトナム需要の増加に備えて、ハイフォンの検品場が移転しました。


移転と言いましても、広大なSITCの敷地内での移動ですので

住所は今までと変わりません。


ただ、ヘッドオフィスとカバン検品場が近くなりましたので

仕事の効率は格段に向上しました。


使える倉庫スペースも拡大し、最近は物流会社からの問い合わせで

倉庫スペースを兼ねた、簡単な作業の依頼もいただいております。


ご依頼いただいているお客様の業界や、依頼内容に変化を感じます。

これもベトナムでの需要拡大の恩恵でしょう。


ハイフォンで商品の保管や検査、流通のために倉庫が必要な方、

作業のための人手が必要な方は、お気軽にお問い合わせくださいね。


株式会社アイパック 代表取締役 藤川和也