2015年

11月

01日

ベトナムの雑材バック(カゴバッグ)工場視察

你好! 菜州検品所 所長の張です。


私の地元、中国の菜州は雑材バック(カゴバッグ)が

伝統工芸で有名な都市です。


ですので私は幼少の頃から雑材バック(カゴバッグ)で育っているので

水草の加工や刺繍の加工技術に対しての鑑定眼には自信があります。


最近は雑材バック(カゴバッグ)の検品だけを請け負っていた

日本の企業様に、企画・デザイン・製造までの包括的な提案をするために

ベトナム・ホーチミンの雑材バック(カゴバッグ)工場を視察してきました。


まず感じたのは、思っていた以上にベトナムの雑材バック(カゴバッグ)は

デザインが可愛い。


またデザインが良いだけでは無く、技術力も高い。


具体的にはボディーの網は中国より良いです。

網の目がベトナムの方が、中国製より細かく編まれています。


また、刺繍もベトナムの方が、中国製より繊細です。

中国より細い糸で刺繍されていました。


これらの技術の差は、中国の工員が高齢化していることに対して

ベトナムのカバン・バッグ工員は若い人が中心だからです。


但し、現時点ではベトナムの工場に雑材バック(カゴバッグ)の

製造を発注するリスクもあります。


先ずはサンプルを指示書だけで作る力がない。


それと製造スピードが遅いことです。


また工場内の整理整頓やルールが未整理です。


中国には、経験豊富な職人がいるし、生産は安定しています。


ベトナムは若さが強みですが、まだ不安定で、

注意点を教えないとミスが出やすいです。


でも当社アイパックなら、この2国の強みを活かした

ハンドリング、ディレクション、プロデュースが可能です。


今回の取材で確信しましたが

日本・中国・ベトナムそれぞれの強みを組み合わせれば、

かなり良い雑材バック(カゴバッグ)が安く提案出来そうです。


お客様の要望さえお聞かせくだされば

雑材バック(カゴバッグ)の企画・デザイン・サンプル制作・

材料調達・ベトナムでの製造手配と管理・研修・輸送まで

全て当社アイパックで承ります。



菜州検品所 所長 張 娜 


コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    おかべ しほ (火曜日, 05 7月 2016 10:31)

    こんにちは。
    カゴバックを30個ほど注文するにはどうしたら良いでしょうか?

  • #2

    アイ・パック (火曜日, 05 7月 2016 11:44)

    おかべ しほ様
    コメントありがとうございます。
    お問合せは、こちらから頂けると助かります。
    http://www.i-pack-solution.asia/お問い合わせ/
    お手数おかけして恐縮ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

  • #3

    小野 (土曜日, 26 11月 2016 14:10)

    所長 張 娜 様
    PPのペット用籠ベッド探しています。安い物を探しています。SサイズW40XD30XH15H-H8、MサイズW48XD34XH21-H10、LサイズW56XD39XH23-H11、ぐらいです。ホーチミンからサイズ込み20FCNTで日本に出したい。連絡お待ちしています。

  • #4

    アイパックの藤川です (土曜日, 26 11月 2016 18:32)

    ご連絡ありがとうございます。
    ベトナムには私藤川が駐在しております。
    商品の写真を頂けますか?
    またメールアドレスは fujikawa_ipack@188.com
    です。よろしくお願いします。