2015年

12月

02日

北ベトナム・ハイフォンのカバン検品工場と倉庫を拡張しました

現在私は南ベトナムのホーチミンを中心に活動していますが、

当社アイパックのベトナム進出は、

北ベトナムのハノイ、ハイフォンから始まりました。



北ベトナムのハノイ、ハイフォンでカバン・バックを製造するメリットは

中国との距離の近さです。


カバン・バックの生産に必要な材料を中国で調達し

陸路や海路で、安く早く運送できるのです。


そんな時に力になってくれているのが

青島からのご縁でお世話になっているSITCさんです。


SITCは、中国を基点として、日本、韓国、東南アジア各地を結ぶ

コンテナ定期航路を運営している中国の大手海運会社。


当社アイパックのハイフォン検品所と倉庫は

このSITCの壮大な敷地を活用させていただいております。


弊社で検品したカバン・バッグで、すぐに出荷する必要が無い商品は、

SITCの倉庫を臨時でお借りして保管します。


つまり、日本でのお客様の保管スペースや倉庫費用を節約する事が可能になるのです。


SITCの倉庫はとても綺麗に管理されていて、対応のスピード感も在庫管理能力も

年々強化されていますので、こちらとしても安心です。


もともとは弊社の検針場はこの倉庫の中にあったのですが、

業務拡張するにあたり、単独で建物を建てて使用させてくれる環境を作ってくれました。


今月からまたX線検針器をもう一台導入して、ローラー検針器1台とX線検針器2台の体制で

来年を迎えようと思っております。


益々皆様のお役に立てますよう、アイパックも常に進化し続けます。




カバン・バックの総合貿易会社

株式会社アイ・パック

代表取締役 藤川 和也